着こなし講座

夏のイタリア女性の着こなしはTPOが重要、平日の街中着、夏休みのリゾート着

YOOX.COM(ユークス)

イタリア女性の夏の着こなしは、男性ほどはっきりと区別することは難しい

それでも街中着と夏休みのリゾート着はかなり変わる

2つのTPOによって着こなしが変わるのは分かりやすい

問題は街中着が色々あるということだろう

今回は街中着のパターンを大別して説明し、次いでリゾート着を紹介したい

YOOX.COM(ユークス)

平日、街中着の中で1番目にするTシャツ、タンクトップ

 

白色Tシャツのイタリア女性2人の画像

左側が白色のTシャツ、色落ちしたデニム

色の組み合わせやコーデは何も考える必要なしの着こなしだ

右側は白色のカシュクールTシャツ、黒色のスキニーなパンツ

イタリア女性がよくやる白色と黒色の組み合わせだ

太いチェーンのベルトを巻いてお洒落度を強調

左側の女性に比べるとお洒落に対する前向きさが違う

ここで、特別なのは、夏でもイタリア女性はブーツを履くという点だ

イタリアは乾燥しているから蒸れない、ウソです、蒸れます

エズメラルダは15年もフィレンッェに居ました

真実は知っています、具体的に言うのは控えます

左側の女性の黒色のブーツはただ単に履いただけ

しかし、右側の女性は違う

黒色のパンツを履いているので、足を少しでも長く見せようと

黒色を続けるために黒色のブーツを履いている

たぶん、彼女が焦げ茶色のパンツを履いたら

焦げ茶色のブーツを履くだろう

ここが、お洒落に前向きなイタリア女性の凄さだ

もちろん、左側の女性の様にお洒落にあまり関心のない方もイタリアにはいる

YOOX.COM(ユークス) 紫色Tシャツのイタリア女性の画像

友達のアンジェリカ

紫色のTシャツ、色落ちしたデニム

ベルトは相当に太めの焦げ茶色のベルトだ

写真には入っていないが

彼女はこの時、焦げ茶色のブーツを履いている

2連の太めの紫色のビーズの入ったネックレス

紫色のTシャツと紫色のビーズが入った2連のネックレスで色を合わせている

写真には入っていないが、焦げ茶色のベルトと焦げ茶色のブーツで色を合わせているのも確実だ

夏の着こなしは上下2枚だけだ

何とか小物をプラスしてお洒落を主張する

2か所で同じ色のアイキャッチ画像
イタリアの大人女性だけがお洒落を主張するための重要なテクニックとはイタリアの大人女性だけが使用するお洒落のテクニックとは、トップス、インナー、ボトムの色の組み合わせが完全に出来ていることが大前提でそこにアクセントをプラスするために使用されるものでアクセサリーやバッグ、ベルトなどを使用する時に同じ色の物を使用するというテクニックだ...

1番上の写真の白色のTシャツもアンジェリカの紫色のTシャツも長袖である

ここがイタリア女性の面白いところだ

Tシャツは長袖、半袖はほとんど着ない、エズメラルダもほとんど見ていない

半袖を着るぐらいなら、タンクトップを着る

長袖か、袖が無いかどちらかだ

YOOX.COM(ユークス) タンクトップのイタリア女性の画像

花柄のタンクトップ、色落ちしたデニム

ネットで見るイタリアファッションの画像とはずいぶん違う

ネットで見る画像は普通のイタリア女性でないことが多々ある

ネックレスが豪華バージョン、いったい何連のネックレスか分からない、ビーズも大きく色々な色のビーズが入っている

彼女は色々な細かい花柄が入ったタンクトップに色を合わせている

そして写真ではよく見えないが頭の細いバンダナの色ともシンクロさせている

例えばネックレスが赤色、青色などの1色だとこのコーデは壊れる

お洒落に妥協しないイタリア女性の凄さだ
焦げ茶色ベルトの画像
icon
商品購入はこちら
icon

平日、2番目に多い、トップスがブラウスの着こなし

 

白色ブラウスのイタリア女性の画像

白色シャツ、ベージュ色パンツ

夏のイタリア女性の王道の組み合わせだ

夏には白色、ベージュ色の組み合わせ

白色、焦げ茶色の組み合わせ

これら2つの組み合わせが多くなる

イタリア女性、いや、男性も含めて

イタリアの夏の色の組み合わせの代表だ

スカーフが興味深い、バーバリー柄に似た麻のスカーフ

日本ではバーバリー柄と言えばカシミア、もしくは、ウールを想像する

ところ変わればと言う感じだ

珍しく細身の焦げ茶色のベルト、たぶん、シャツとセットになったベルトだろう

もちろん、写真には入っていないが、焦げ茶のサンダルだ

バーバリー柄に似たスカーフ

何とシンクロしているのかわからない、たぶん、良く見えないがブレスとシンクロしてそうだ

全然違って、パンツのベージュ色と合わせているのかもだが

3つが少しずつ色がずれている

全体的には間違いのないコーディネートだ

YOOX.COM(ユークス) 緑色ブラウスのイタリア女性の画像

スケ感のあるロングのブラウス、袖が着物袖になっている

たぶん価格は1枚、100ユーロ、ブランドではない

緑色のブラウス、裾広がりのデニム

緑色と青色の組み合わせだ

緑色と青色の組み合わせは相性が良い

イタリア女性は色々な形のパンツを履く、日本のようにこの形が流行だからこの形と全員が同じ方向を向くことはない

自己主張がしっかりしている

裾広がりのパンツをイタリアではカムパーナ(綴りはCAMPANA)という鐘と言う意味だ

イタリアの教会で鳴らされる鐘の形に似ていることから名づけられた

あまりよくは見えないが焦げ茶色の太めのベルト、どことも同じ色がないのが気になる

イタリア女性としてはあまりお洒落に興味がない方だ

甲乙つけがたいトータルコーデだ

YOOX.COM(ユークス) 白色ブラウス焦げ茶色パンツのマネキンの画像

白色のブラウス、焦げ茶色のパンツ

白色、焦げ茶色の代表的な夏の組み合わせだ

白色のブラウス、焦げ茶色のパンツの形がゆったりしている

街中にもこのコーデは居るが、リゾート地にもこのコーデは居る

半々の感じだ

やはりベルトは太めの焦げ茶色

パンツの焦げ茶色と色合わせしている

焦げ茶色のベルトをしたイタリア女性3人の画像
イタリア女性、夏には太いベルトで目立たせるのがお洒落度アップの作戦夏になると着る洋服が減ってしまいイタリア人女性のお洒落をアピールするパーツが無くなってしまうためか、イタリア人女性はスカートやパンツが落ちてしまうわけでもないが太いベルトを必ず使用するようになる、太いベルトは彼女たちの単なるアクセサリーである...

今、日本でも流行なのが太いゆったり目のパンツだ

色の組み合わせと太めのベルトを取り入れればすぐにでもイタリア女性のお洒落に並ぶ、参考にしてはいかがだろうか
刺繍入り焦げ茶色ベルトの画像
icon
商品購入はこちら
icon

特徴、20代から40代に多い、超ロングのスカートの着こなし

 

頓宮スカートマネキン3体の画像 YOOX.COM(ユークス) ロングスカートマネキン3体の画像

比較的20代から40代ぐらいまでが多く履いているロングのスカート

色は白色が多い、他にベージュ色、焦げ茶色と続く

やはりイタリアの夏を代表する色が圧倒的だ

気温が35度以上になるイタリアの夏、湿度は低いため、日差しさえ遮れば何とか屋外でも歩ける

後ろ2体のマネキンは別として(あまり街中では、見ないタイプだ)

特徴的なのは、スカートの長さがくるぶしあたりまであることだ

絶対に日差しを遮る強い意志を感じる、強い意志など本当はないのだろう、イタリア女性の伝統的な着こなしだ

色の組み合わせも白色が基調になる、暑さをしのぐためには、白色が1番ということだろう

日本でもこれぐらいのロングのスカートをはいている所はたまに見る

イタリアと気温は同じぐらい、日差しも強い、いかがだろうか今年の夏にトライしてみては?
焦げ茶色ベルトの画像
icon
商品購入はこちら
icon

イタリアの夏、平日の街中着をまとめてみる

 

総じて言えることは

イタリアの夏の街中着は日本とあまり変わらないということだろう

Tシャツ、タンクトップなどのカットソーのトップスとデニム、麻の緩めのパンツ

もう一つがトップスがブラウス、こちらも緩めのブラウスから透け感の強いブラウス、綿素材の物、麻素材の物

ボトムは上と同じ組み合わせだ

特徴的なことは、他の記事でも書いているがベルトを忘れない

1番特徴的で日本と違うのが超ロングのスカート

今年の夏は、くるぶしまであるロングのスカートを日本の街中でたくさん見たいものだ、トライしてほしい

日本でも日差しを遮れば少しは涼しいのでは?

湿気があるからダメか?
焦げ茶色ベルトの画像
icon
商品購入はこちら
icon

全く変わる夏休みのイタリア女性の着こなし

YOOX.COM(ユークス)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Margarita Argüellesさん(@margapau)がシェアした投稿

街中着とはガラッと変わる

ワンピースである

リゾート地ではワンピが多い

写真を見ても街のビルはない、リゾート地であることは分かって頂けるだろう

ワンピなので洋服の説明はない、色の組み合わせはいらないからだ

プラスする小物の説明になる

リゾート感満載の籠バッグ、付属する革の焦げ茶色のポケットと持ち手に合わせて、焦げ茶色のベルトと焦げ茶色のサンダル、ストラップもない本当のサンダルだ

彼女たちはその場その場の雰囲気を洋服の着こなしで表現するが上手い

リゾートで休みだから何もしない感が小物を加えたコーデに良く現れている

YOOX.COM(ユークス)

 

この投稿をInstagramで見る

 

P A L O M A C H.さん(@palochimeno)がシェアした投稿

白黒の柄物ワンピース

写真の背景と上手くマッチした柄物ワンピだ

これもリゾート感、お休み感は上手く表現されている

もちろんベルトは忘れない

YOOX.COM(ユークス)

 

この投稿をInstagramで見る

 

P A L O M A C H.さん(@palochimeno)がシェアした投稿

白色の柄物ワンピ、分かりましたと言いたい

休みでしょ、仕事しないでしょ、そんな言葉が出てくる

この形のワンピは日本ではティアドワンピの部類に入るだろう

これなら多く販売されている

夏の休みはティアドワンピに決まりかもだ

涼しげな雰囲気が伝わってくる

上3つの写真からわかるように、彼女たちはTPOを把握している

リゾート地に来たら、ワンピだ

この一言に尽きる
スェード焦げ茶色ベルトの画像
icon
商品購入はこちら
icon

まとめ

 

街中着は3つ

トップスがTシャツ、タンクトップ、ボトムがパンツ

トップスがブラウス、ボトムがパンツ

ボトムが超ロングのスカート

太いベルトは忘れない

夏休み、リゾートはたった1つ

ワンピース

太いベルトは忘れない

しかし、どこでも典型的な例を外れる女性もいることは承知してほしい

YOOX.COM(ユークス)
ABOUT ME
アバター
菅沼 徹
ESMERALDAはECサイトを変更して新しくレディースの洋服コーディネートを専門に紹介していきます イタリアで15年間学んだ、ファッションの知識を紹介していきます メンズの洋服コーディネートはサイト、EMESUMAで紹介いたします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です