着こなし講座

イタリア女性、夏には太いベルトで目立たせるのがお洒落度アップの作戦

フィレンッェに居ていつも気になったのが、彼女たちのベルトの使い方だ

ベルトはパンツやスカートがウエストから落ちないために締める物と思っていたが、どうもそれは違うようだ

ショーウインドのマネキンにも多く取り入れられているのを見ると、何か別の要素がありそうだ

今回はそんなベルトの写真を紹介しつつ全体のコーディネートを一緒に見ていきましょう

イタリア女性の太いベルトは夏になると出現する

 

薄緑色のTシャツのマネキン3体の画像

ショウウインドーの3体のマネキン、薄緑色の薄手素材のサマーニットに白色のパンツ、テーパードになったパンツから、太めのパンツ、ハーフパンツと

夏真っ盛りのコーディネートだ、この内、2体に太い焦げ茶色のベルト

相当太い、日本の女性ならこれほど太いベルトを夏にすることはないだろう

全体のコーディネートの中でベルトが1番目立っていると言っても過言ではない

ベルトはベルト通しには通していない、ショーウインドウのディスプレーを大事にするイタリア人が手抜きをしたとは思えない

でも、この太いベルトはディスプレーには必需品なんだろう

目立つのは目立つ

ベージュ色のジャケットのマネキンの画像

このマネキンにも太いベルトだ

大きなざっくりとしたメッシュの太ベルト、大きなロゴのバックルもついている

相当目立つのは間違いなしだ

イタリア人女性の夏のコーデには欠かせないアイテムだとは想像がつく

しかし、太い

1番上の画像のコーディネートは説明する価値がないが、この画像のコーデは色の組み合わせが完璧だ

トップスはベージュ色のジャケット、インナーが焦げ茶色に白色の水玉模様のビスチェ、ボトムが白色の綿のパンツ、ワンポイントとして太めの焦げ茶色のベルト、綺麗な色の組み合わせができている

どれ1つとして飛び出たりした色がない、調和がとれている、最高だ

ジャケットのベージユ色とバッグのベージュ色を合わせている所もさすがである、バッグに黒色や目立った色を持ってきたらこのコーデは崩れ果てる

イタリア人のお洒落に対する真剣さが垣間見える

赤いTシャツを着たイタリア女性の画像

彼女はナポリに住んでいる友達のアンジェリカ

彼女も焦げ茶色の太いベルトをしている

彼女のウエストと腰からしてジーンズが落ちてしまう事はないはずだ

でもベルトは必要

夏のイタリア女性にはどうしても必要な物、一般的な物、こんな風に考えると

徐々に理解できてくる

夏に日本の女性が日傘を持つような一般的な物

イタリア女性のお洒落なコーディネートには付き物、なくてはならない物

お洒落を考えてアクセントとして太い焦げ茶色のベルトをするというよりも

何も考えずに、夏はただウエストに太いベルトをする

これがイタリア女性の身に沁み込んだお洒落の基本なんだろう

太いベルトをしないと何か物足りなさ、忘れ物をしたような気がするのだろう

赤色のTシャツと焦げ茶色の相性の良さも素晴らしい

焦げ茶色は相性の良い色を12色持っている

焦げ茶色のベルトさえあれば何も考えずに巻いても失敗はないだろう

便利な色だ

紺色ビスチェのマネキンの画像

この画像も同じである

夏には焦げ茶色の太いベルトはイタリア女性の習慣というか、DNAの中に組み込まれているのだろう

たぶん、彼女たちに「どうして、焦げ茶色の太いベルトをするの?」と聞いても理由はなく、答えに苦しむことだろう

しかし、コーデは変わっている、トップスが白色のTシャツに紺色ベースのプリントのビスチェ、このレーヤードはなかなかしないだろう

普通はTシャツだけになる

白色のTシャツと白色のパンツだけではどうにもシンプルすぎてイタリアのコーデらしさが出ない、ここで強い色のビスチェをプラスしたのだろう

これでこのコーデのお洒落度は相当上がる

ほんの少し機転を利かせればお洒落度は数倍上がることを証明してくれる

洋服をコーディネートすることをめんどくさいと思うか、コーデが自分の自己主張をしてくれる場所だから真剣にやりたいと思うか

これで、ずいぶん人生の生き方や充実感が違うと思う

イタリア女性の夏のバケーション、ベルト使用の着こなし、応用できますよ、日本の女性も

 

焦げ茶色のベルトをしたイタリア女性3人の画像

焦げ茶色の太いベルトについてはもうわかりますね

このコーデを説明します、イタリア女性の夏のコーデの典型例です

何が典型かと言えば、暑くなるにつれて洋服がどんどん透けてくるということ

エズメラルダはレディースの洋服を販売する店、イタリアから常時、買い付けて販売をするのだが

夏は日本で売れそうな服がない、毎年困る、なぜか、どんどん透けてくる、洋服の布の部分がどんどん小さくなる、露出度がどんどんます

日本の女性で買う人はほんの一握りになります

焦げ茶の服と白い服のマネキン2体の画像

この画像の右側のマネキンの着こなしも町中に多く見られようになります

スカートがフレアーになりこのマネキンよりもっと長く足首あたりまでの物も登場します

マネキンではわかりませんが、そのフレアースカートの透け感が大きいのです

本当にエズメラルダは販売するものがなかった

ベルトも色合わせが重要、何色でもいいわけではない

 

黄色いベルトをしたマネキン2体の画像

ここでまたベルトに戻ります

両方のマネキン、イタリア女性が良くやるベルトの使い方をしています

それは、ジャケットの上でベルトを使用することです

これは日本ではなかなか見ないです

このベルトの使い方を覚えると便利です

例えば少しジャケットが大きめだった、または、通常はあまりウエストがくびれていないジャケットを着ているがイメージを変更したい

そんな時にベルトでジャケットを締めるとイメージはがらりと変わります

購入したのに形が気に入らないジャケットがあるかと

エズメラルダの店にもそんなお客さんがいましたが、このベルトの使い方を教えた途端、もう着なかったジャケットを着るようになりました

この方法なかなか使えますよ

もう一つ、これらのマネキンのベルトとジャケットの色の組み合わせがOKです

焦げ茶色のジャケットと黄色のベルト、OKです

グレー色のジャケットと黄色のベルトOKです

グレー色と黄色は相性がいい色です

色々見てきました、途中でベルトの説明ではなくなり、困惑したかもです

でも、イタリア女性のお洒落のポイントは分かって頂けたと、是非、そのポイント使える物は自分のお洒落の中に取り入れてみてください

まとめ

 

イタリア女性は太い焦げ茶色のベルトをパンツやスカートが落ちないために使うのではなく

お洒落のアクセサリーとして使用する

ABOUT ME
アバター
菅沼 徹
ESMERALDAはECサイトを変更して新しくレディースの洋服コーディネートを専門に紹介していきます イタリアで15年間学んだ、ファッションの知識を紹介していきます メンズの洋服コーディネートはサイト、EMESUMAで紹介いたします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です